途中でやめる「わさび、8月、ギャラリー5」

  • op1-1

    op1-1
  • op3-2

    op3-2
  • pants2-1

    pants2-1
  • しかく130-2

    しかく130-2
  • しかく130

    しかく130
  • まるT

    まるT


暑い暑い夏ですよ、終わっちまったオリンピック、あっち行けコロナ!
川の上流の沢で天然の自生するわさびを探しては一喜一憂する日々。
川は涼しい。
じとーっと嫌な汗かいて、さっきTシャツ着替えたのにいくらあっても足りないけど、もう洗濯物乾いてる。
それはいいけど暑い暑い。
ギャラリー5に行った気分でクリックするのもいいですねぇ。
馴染みの山の地図をタップして拡大して、この沢にわさび自生してるんじゃねぇの?と検索してみるもよし。
思ってた夏じゃない!なんか違う。そう思ってます。
この夏が、あの時の夏になるんかぁ、そうか、そうだよなぁ、うんうん、そうなんすよ。


●概要

大人気!デザイナー山下陽光が手がけるリメイクブランド「途中でやめる」が期間限定で初台gallery 5にやってきた!
すべて1点ものです、夏の暑さを吹き飛ばす1着をぜひ見つけてみてください。


●NADiff Online
第一弾:2021年8月14日(土) 13:00-
第二弾:2021年8月28日(土) 13:00- 販売開始!
ご購入はこちら>>>



logo
「途中でやめる」は、デザイナーの山下陽光がリサイクルショップで仕入れた古着を素材に、自らミシンを踏んでリメイクして作る1点もの、ハンドメイドの洋服を創作するファッションブランドです。遊び心満載で斬新なデザインもさることながら、低価格帯での販売を維持するスタイルも絶大な支持を得ている人気の秘密です。
山下陽光は、バイトをやめて自活していくことを伝道する「バイトやめる学校」を全国各地で開催し、自身の「資本主義コノヤロー主義」の理論と実践は昨年出版した『バイトやめる学校』(タバブックス)にもまとめられました。近年では、アーティストの下道基行、編集者の影山裕樹と山下の3名で「新しい骨董」というグループを組成し、街中や、インターネット上に溢れる「“新しい骨董”とでもいうべき何か」の新しい価値、新しい美の探究を行う活動も行い注目を集めています。


 
●書籍情報


山下陽光、ワクサカソウヘイ『ふざけながらバイトやめる学港』


発行元:汽水空港
発行日:2020年6月
価 格:1,000円+税
 
山下陽光『バイトやめる学校』
baito_h1-300x421

発行元:タバブックス
発行日:2017年7月発売
サイズ:B6判変型
項 数:144頁
仕 様:並製本
価 格:1,400円+税
 



●Profile

山下陽光 (やました・ひかる)


4516DB1A-6FD2-4F97-A889-E6211E38BC15
長崎出身、福岡在住。2010 年、自身が経営する高円寺の古着屋「素人の乱シランプリ」にて、全商品無料の取り組みをはじめる。2014 年、個展「山下陽光のアトム書房調査とミョウガの空き箱がiPhone ケースになる展覧会」(広島・鞆の津ミュージアム)を開催。2015 年、写真家の下道基行、編集者の影山裕樹とともに、街中やインターネット上に溢れる「“新しい骨董”とでもいうべき何か」の探索する「新しい骨董」を始める。「途中でやめる」という名前の服を発表するかたわら、インターネットに転がるユニークな情報を探り、現代に接続する様々な活動を行っている。

著書に『バイトやめる学校』(2017、タバブックス)

>>twitter
>>途中でやめる


 
●お問い合わせ
g5_logo
gallery 5
163-1403 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー 3F
TEL. 03-5353-0449

OPEN 10:45 – 19:00
*アートギャラリー休館中は休業
月曜日定休(月曜日が祝日の場合は翌日)

京王新線初台駅東口直結、徒歩2分。渋谷駅よりバス(約20分)
>>> shop info