通常版『写真分離派Ⅱ 写真の非倫理』
写真分離派

Price: 2,700円(税込)

発行年: 2017.2
発行元: edition.nord
サイズ: B5
仕 様: 224頁/網代綴じ
「写真とは何か、写真の可能性はどこにあるのか。我々は今、改めて問いたいと思う」
写真家の鈴木理策、鷹野隆大、松江泰治、批評家の、倉石信乃、清水穣によって2010年に発足した写真分離派は、上述の宣言文を掲げた自主企画展や、各地でのレクチャーなど、断続的な活動を今日まで行ってきました。
本書は写真分離派の2012年から2016年までの活動をまとめた1冊。名古屋、京都で行われた展覧会の記録や、トークイベントの採録に加え、須田一政・杉本博司・荒木経惟の三氏に写真分離派メンバーがインタビューする豪華コンテンツも収録される。
通常版、特別版の2つのエディションで制作。特別版には鷹野隆大、松江泰治のオリジナルプリント各1点がセットされる、限定50部のコレクターズアイテムとなる。

>>Online Shop