一〇〇〇本シリーズ第6弾『危口統之 一〇〇〇』FAIR

月曜日定休 ※月曜が祝日の場合は翌日
(7月6日[金]ー 7月22日[日]は無休)
 

  • kiguchi

    kiguchi
  • 180316_kiguchi_sp395

    180316_kiguchi_sp395
  • 180316_kiguchi_sp439

    180316_kiguchi_sp439
  • 180316_kiguchi_sp263

    180316_kiguchi_sp263
  • 180316_kiguchi_sp461

    180316_kiguchi_sp461
  • 2012_cip09

    Der japanische Performancekuenstler und Architekt Noriyuki Kiguchi (mit rotem Megaphon) treibt mit seiner Crew und Passanten ein riesiges Schlangengebilde durch den Kopfbau der Kaserne vom Kasernenareal zum Rhein, Kaserne Basel, Foto Kenneth Nars: Das Gebilde ging vom Kasernenplatz durch das Gebaeude bis zum Rheinweg durch den Bau.

    Der japanische Performancekuenstler und Architekt Noriyuki Kiguchi (mit rotem Megaphon) treibt mit seiner Crew und Passanten ein riesiges Schlangengebilde durch den Kopfbau der Kaserne vom Kasernenareal zum Rhein, Kaserne Basel, Foto Kenneth Nars: Das Gebilde ging vom Kasernenplatz durch das Gebaeude bis zum Rheinweg durch den Bau.


 


 

●概要

 
この度NADiff a/p/a/r/tでは、1000ページの巨大文庫「一〇〇〇」シリーズ第6弾、『危口統之 一〇〇〇』のフェアを開催いたします。

危口統之は、2008年「悪魔のしるし」を結成し、演劇作品や独特のパフォーマンス作品を手がけてきました。“複雑な構造物を何名もの人間がある場所に搬入する”という祝祭的作品『搬入プロジェクト』は2008年の初演以来、8ヶ国 20ヶ所での公演を重ね、2014年初演の危口の両親と出演する舞台作品『わが父、ジャコメッティ』は、海外含む6都市で上演されました。

活躍の最中、2016年 11月、肺腺癌と判明。生前最後のパフォーマンスとなったのは、2016年にChim↑Pomが歌舞伎町で行った、『また明日も観てくれるかな?~So see you again tomorrow, too? ~』でのパフォーマンス、「歌舞伎町百人斬り」でした。療養生活をおくる中、ブログ「疒日記」で日々を綴り、2017年3月17日倉敷の実家にて永逝。42歳の若さでこの世を去り、演劇界だけでなく、建築やアート、デザインに携わる数多くの著名人たちが彼の死を惜しみました。

その一人、一〇〇〇文庫・発行人の松本弦人が「一〇〇〇」シリーズ第6弾として、この度刊行した書籍が『危口統之 一〇〇〇』です。本書は、演出家・危口統之が遺した74冊のスケッチブックとノートを複写し、2011年から2017年にかけて、危口が本人アカウントで発信したツイートを抜粋し併載しています。

この度は『危口統之 一〇〇〇』とともに、本書に収録されいているスケッチブックとノートを、危口統之の蔵書や愛用の道具とともに展示いたします。悪魔のしるしの書籍やDVD、グッズ、加えて危口統之の蔵書に基づいた選書フェアも展開。「一〇〇〇」シリーズのバックナンバーも取り揃えております。

フェア期間中は、トークイベントも開催予定。(詳細は後日公開)

『危口統之 一〇〇〇』FAIR、イベントあわせまして是非ご期待ください。

 

協 力 : 悪魔のしるし、松本弦人、町口覚

 


 
いつも彼の傍にはスケッチブックがあった。スケッチブックが あってもなくても、彼は常に描くことと共にあった。息を吸って吐くように、彼はいつでも、何にでも描いていた。〈中略〉彼の残した幾多の絵は膨大な入力無しには有り得ないものだ。見ること、考えることが結果として絵の形として現れていると言えるかもしれない。彼の絵は作品ではない。見ている、考えている過程 そのものなのだ。

石川卓磨/建築家 前書きより
 


 

●EVENT

TALK EVENT

coming soon!

 


 

●新刊書籍
 
『危口統之 一〇〇〇』

 
発行日:2018年4月3日発売
発 行:一〇〇〇BUNKO 発 売:bookshop M
仕 様:1024頁/1 色刷り/PUR 綴じ
サイズ:文庫版
価 格:3,700円(税抜)

>>ONLINE STORE(準備中)
 


 

●一〇〇〇本バックナンバー

 
1000頁の巨大な文庫本作品集「一〇〇〇」シリーズが、第5弾『羽永光利一〇〇〇』から、過去全作品の印刷、用紙、装幀、造本全てをバージョンアップし、新版として発売されました。『町口覚一〇〇〇』、『東京TDC一〇〇〇』、『宇川直宏一〇〇〇』、『中平卓馬一〇〇〇』、『羽永光利一〇〇〇』のバックナンバー全5タイトルも同時展開いたします。1000頁という圧倒的頁数の抱える情報量とその物質感や、オンデマンド出版の域を超えたオフセットクオリティ―のデジタル印刷など、進化した「一〇〇〇」本を余すところなくご堪能ください。
new_jacket_all (1)
 


 

●PROFILE
 
危口統之(きぐち・のりゆき)


kiguchi_10

悪魔のしるし主宰・演出家。1975年岡山県生まれ。2008 年「悪魔のしるし」を結成し、演劇作品や独特のパフォーマンス作品を手がける。
“複雑な構造物を何名もの人間がある場所に搬入する”という祝祭的作品『搬入プロジェクト』は 08 年の初演以来、8 ヶ国 20ヶ所での公演を重ね、14 年初演の危口の両親と出演する舞台作品『わが父、ジャコメッティ』は、海外含む 6 都市で上演された。16 年 11月、肺腺癌と判明。療養生活をおくる中、ブログ「疒日記」で日々を綴った。
2017年3月17日倉敷の実家にて永逝。享年42歳。


 

●お問い合わせ

ap_logo
NADiff a/p/a/r/t
150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 1F
TEL. 03-3446-4977