宮永愛子「漕法 はじまりの景色」

月曜日定休 ※月曜が祝日の場合は翌日
 
TALK EVENT 1「本の綴じ方」
宮永愛子 × 名久井直子(ブックデザイナー)
2019.12.07[土] 18:00-19:30(開場:17:45)

TALK EVENT 2「海のつづき」
宮永愛子 × 朝吹真理子(小説家)
2019.12.13[金]  19:00-20:30(開場:18:45)
 
>>イベント詳細

  • 《漕法Ⅱ》

    《漕法Ⅱ》2019,  四世代で採取された13トンのサヌカイト、ミクストメディア, 
Photo by KIOKU Keizo ©︎MIYANAGA Aiko, Courtesy Mizuma Art Gallery

    《漕法Ⅱ》2019, 四世代で採取された13トンのサヌカイト、ミクストメディア, Photo by KIOKU Keizo ©︎MIYANAGA Aiko, Courtesy Mizuma Art Gallery

  • suitcase_key

    《suitcase -key-》 2013, ナフタリン、樹脂、ミクストメディア, Photo by KIOKU Keizo(c)MIYANAGA Aiko
Courtesy Mizuma Art Gallery

    《suitcase -key-》 2013, ナフタリン、樹脂、ミクストメディア, Photo by KIOKU Keizo(c)MIYANAGA Aiko Courtesy Mizuma Art Gallery

  • 《はじまりの景色》セット

    《はじまりの景色》 2015, フレスコ紙、鉛筆、写真,   Photo by MIYAJIMA Kei (c)MIYANAGA Aiko
Courtesy Mizuma Art Gallery

    《はじまりの景色》 2015, フレスコ紙、鉛筆、写真, Photo by MIYAJIMA Kei (c)MIYANAGA Aiko Courtesy Mizuma Art Gallery

  • サヌカイト

    サヌカイト


 

●概要

 
ナフタリンの昇華や、川や海の水に含まれる塩の析出といった、物質の変容を作品の要素として「変わりながらも存在し続ける世界」を表現するアーティスト・宮永愛子の展覧会を開催いたします。
 
本展は、『宮永愛子 漕法』(青幻舎, 2019年8月)の刊行を記念し、作品集の世界をひもとく展示となっております。『宮永愛子 漕法』は、高松市美術館にて今夏に開催された「宮永愛子:漕法」展の出展作と2011年から2018年までの発表作を収録した、宮永愛子の7年ぶりの作品集です。
NADiff Galleryで開催する「漕法 はじまりの景色」展では、高松市美術館での個展にむけて瀬戸内の地域をめぐった際の記録と、宮永の代表的なシリーズであるナフタリンを素材にした作品を展示します。
 
会期中には、作品集『宮永愛子 漕法』の装丁とデザインを担当した、ブックデザイナー・名久井直子氏とのトークイベントに加え、『宮永愛子 漕法』の刊行と同時期に初の随筆集『抽斗のなかの海』(中央公論新社, 2019年7月)を上梓し、宮永と親交の深い小説家・朝吹真理子氏とのトークイベントを開催いたします。
 
作品が生まれ、1冊の作品集が綴じられる前のはじまりの予感と、高松市美術館の展覧会のつづきを本展にてご体感ください。

協力=Mizuma Art Gallery、青幻舎

 


 
今年の夏、高松市美術館で個展をひらいた。インスタレーション作品は10にも及び、手がけた中でも一番大きな規模となったこの展覧会のタイトルを、私は「漕法」と題した。漕法とは自分なりの方法で人生を漕ぎだしていこう、と決めた時に出てきた言葉。紡いでいった出会いをあたためると、それがインスタレーションの形となり成立していく。今回も思いがけない出会いをきっかけに、そこから思考がひろがり新作が完成した。 今はもうあの空間の中に立つことはできないけれど、ここで「漕法」のはじまりの景色をそっと思い浮かべてみよう。

宮永愛子

 


 

●TALK EVENT 1「本の綴じ方」
宮永愛子 × 名久井直子(ブックデザイナー)

日 時:2019年12月7日(土) 18:00-19:30(開場:17:45)
会 場:NADiff a/p/a/r/t
定 員:70名
入場料:1,000円
 

●TALK EVENT 2「海のつづき」
宮永愛子 × 朝吹真理子(小説家)

日 時:2019年12月13日(金) 19:00-20:30(開場:18:45)
会 場:NADiff a/p/a/r/t
定 員:70名
入場料:1,000円
 


 

●トークイベントご参加方法

ご希望日(12月7日または12月13日)、ご参加を希望される方のお名前、お電話番号、ご参加人数を明記の上、メールにてご予約ください。
お電話でも承っております。TEL : 03-3446-4977
※当日キャンセルはかたくお断りしております



※受信制限をされている方は、当店からのメールを受信できるよう設定お願いいたします。

 


 

●商品情報

 

宮永愛子 漕法(そうほう)

9784861527463.MAIN
発売日 : 2019年8月
発 行 : 青幻舎
監 修 : 高松市美術館
デザイン : 名久井直子
仕 様 : A4変型/ 128ページ/上製
価 格 : 3,500円+税
>>ONLINE SHOP
 
 


 

●PROFILE

 
宮永愛子(みやなが・あいこ)

Photo by MATSUKAGE ©MIYANAGA Aiko Courtesy Mizuma Art Gallery
Photo by MATSUKAGE
©MIYANAGA Aiko
Courtesy Mizuma Art Gallery

1974年京都生まれ。2008年東京藝術大学大学院修士課程修了。日用品をナフタリンでかたどったオブジェや、塩、陶器の貫入音や葉脈を使ったインスタレーションなど、気配の痕跡を用いて時を視覚化する作品で注目を集める。2013年「日産アートアワード」初代グランプリ受賞。主な個展に「宮永愛子:漕法」高松市美術館(香川、2019)、「みちかけの透き間」大原美術館有隣荘(岡山、2017)、「宮永愛子:なかそら―空中空―」国立国際美術館(大阪、2012)など。
 


 

●お問い合わせ

ap_logo
NADiff a/p/a/r/t
150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 1F
TEL. 03-3446-4977

>>> shop info