剛造Organic Fukubukuro Orchestra Vol.2 “The Other Voice”

出 演 : 吉増剛造 × MARYLYA

ゲスト : 藪前知子(東京都現代美術館 学芸員)

日 時 : 2017年6月16日[金] 19:00-20:30 (開場 18:30)

 

  • DSC01858

    DSC01858
  • DSC01824

    DSC01824
  • 写真 2017-04-02 16 48 42

    写真 2017-04-02 16 48 42
 
音響設計:WHITELIGHT
映 像:鈴木余位

会 場:NADiff a/p/a/r/t
定 員:50名
入場料:1,500円

お土産:吉増剛造“裸のメモ NADiff version”

 


 

●概要

この度NADiff a/p/a/r/tでは、詩人・吉増剛造(1939-)自ら企画するイベントシリーズ「剛造Organic Fukubukuro Orchestra」の第二弾を開催いたします。

日本を代表する先鋭的な詩人のひとりである吉増剛造。詩の朗読パフォーマンスの先駆者としても知られ、国内のみならず海外でも積極的に朗読ライブを行っています。また、詩という枠組みを超えて、写真、立体、映像など、複数のメディアを横断しながら精力的な創作にも取り組み、さまざまなアーティストとのコラボレーションも多数行うなど、文学の世界においては異端ともいえる先駆的な創作活動を60年代以降から今日に至るまで盛んに行っており、次世代にも大きな影響力をもっています。
 
「剛造Organic Fukubukuro Orchestra」シリーズは、吉増剛造自身が企画し、多彩なジャンルからのゲストを招いて行うイベントシリーズです。“Fukubukuro (福袋)”の名の通り、なにが出てくるかは開けてみてからのお楽しみ。近年は行われる機会の少ない朗読パフォーマンスも、福袋から出てくるかもしれません。
 
第2回となる今回は、第一部に前回好評を博したMARYLYA(歌手、吉増剛造夫人)が登場。宇宙の淵に一人で立っているかのような孤独と切なさを湛えたMARYLYAの歌を、吉増剛造、鈴木余位の映像とともにお届けします。
更にゲストに藪前知子氏をお迎えし、この春、清澄白河のまちなかで行われた展覧会「MOTサテライト2017 往来往来」に出展された≪gozo(小津) Cine≫の再上映や、この春以降の吉増剛造の近況報告、そして夏の大きなイベントに関するトークを行う予定です。

 
会場では吉増剛造の書籍を多数ご用意、終了後にはサイン会も開催いたします。何が飛び出すかわからない、「剛造Organic Fukubukuro Orchestra」をどうぞお楽しみに!
 


 

●EVENTご参加方法

ご希望日、ご参加を希望される方のお名前、お電話番号、ご参加人数を明記の上、メールにてご予約ください。
お電話でも承っております。TEL : 03-3446-4977
※当日キャンセルはお断りしております



※受信制限をされている方は、当店からのメールを受信できるよう設定お願いいたします。
 


 

●近刊情報

 
「ALICE IRIS RED HORSE:Selected Poems of Yoshimasu Gozo」
著 者:Gozo Yoshimasu吉増剛造
発行元:New Directions
発行日:2016年9月

>> Online STORE


 

●Profile

 
吉増剛造 Gozo Yoshimasu
1939年東京生。詩人。大学在学中から旺盛な詩作活動を展開、以後先鋭的な現代詩人として今日に至るまで内外で活躍、高い評価を受ける。評論、朗読のほか、現代美術や音楽とのコラボレーション、写真などの活動も意欲的に展開。2016年に国立近代美術館で開催された『声ノマ 全身詩人吉増剛造展』は大きな反響を呼んだ。文化功労者、2015年日本芸術院賞・恩賜賞、日本芸術院会員
 

マリリア Marylya
ブラジル出身のシンガー、ソングライター、パフォーマーで、吉増剛造夫人。シャーマニックな歌声、ジャンルや特定の文化にとらわれないその音楽は、構築性と即興性、緊張とやすらぎ、抒情性と力強さといった、相反する要素の間を自在に往来する。さまざまなミュージシャン、ビジュアルアーティスト、ダンサーらとともに世界各地で活動している。
http://www.marylya.com/


 

●お問い合わせ

ap_logo
NADiff a/p/a/r/t
150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 1F
TEL. 03-3446-4977

>>> shop info