『メディア・アート原論 あなたは、いったい何を探し求めているのか?』刊行記念トークイベント

出 演 : 久保田晃弘・畠中実

ゲスト : 佐々木敦

日 時 : 2018年6月28日[木] 19:30-21:00 (開場 19:15)

  • mediaart

    mediaart

会 場:NADiff a/p/a/r/t
定 員:70名
入場料:1,000円


 

●概要

 
NADiff a/p/a/r/tでは、アーティストで研究者の久保田晃弘さんとNTTインターコミュニケーション・センター[ICC]主任学芸員の畠中実さんの共編著となる『メディア・アート原論 あなたは、いったい何を探し求めているのか?』(フィルムアート社)の刊行を記念し、トークイベントを開催いたします。ゲストは、批評家の佐々木敦さんです。

メディア・アートは、なぜそう呼ばれているのか?
ポストインターネット状況を経た、21世紀の芸術精神を探る!

現在、メディア・アートという名称は、単にメディア・テクノロジーを使用した美術作品の総称というだけにとどまらず、技術を応用したデモンストレーションなども含めて幅広く使用されています。また、メディア・アートは、「ポスト・インターネット・アート」やデジタル・ファブリケーション、デザイン、現代美術などさまざまな領域と接続しており、多くの人の関心を集めています。テクノロジーを介した例外的な表現のなかに新しいアートの可能性は内在しており、メディア・アートは芸術表現の可能性を切り開くものであるといえます。

サブタイトルに「あなたは、いったい何を探し求めているのか?」と銘打たれた本書は、メディア・アートというものが周縁的に新しい技術や手法や表現を求め続けてきたジャンルであるとことを踏まえ、「次のメディア・アートはなにか」を問いかけています。

本イベントでは、編者のお二人、そして佐々木敦さんと共に、メディア・アートに対する言説を整理し「メディア・アートとはどのような芸術か」について討議します。

 


 

●EVENTご参加方法

 
ご希望日、ご参加を希望される方のお名前、お電話番号、ご参加人数を明記の上、メールにてご予約ください。
定員に達したため、お席のご予約受付は終了いたしました。
只今、お立見でのご参加のみ、お電話にて受付中です。(TEL: 03-3446-4977)
先着順となり、こちらも定員になりましたら締め切りとさせていただきます。

※当日キャンセルはかたくお断りしております


 

●商品情報
 
久保田晃弘・畠中実=編『メディア・アート原論 あなたは、いったい何を探し求めているのか?』

mediaart_mn_main
 
発行元:フィルムアート社
発行日:2018年3月
サイズ:B6版
項 数:208頁
仕 様:並製本
価 格:1,700円+税
 
>> 書籍詳細


 

●Profile

 
佐々木敦(ささき・あつし)
sasaki
批評家。HEADZ主宰。著書多数。
 
久保田晃弘(くぼた・あきひろ)
kubota
多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース教授。1960年生まれ。芸術衛星1号機の「ARTSAT1:INVADER」でアルスエレクトロニカ2015ハイブリッドアート部門優秀賞をチーム受賞。「ARTSATプロジェクト」の成果で、第66回芸術選奨の文部科学大臣賞(メディア芸術部門)。近著に『遙かなる他者のためのデザイン―久保田晃弘の思索と実装』(ビー・エヌ・エヌ新社、2017)がある。
 
畠中実(はたなか・みのる)
hatanaka
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]主任学芸員。1968年生まれ。90年代末より国内外における同時代の電子音響表現を紹介し、その動向を先導。2000年の企画展「サウンド・アート―音というメディア」以降、2012年にはポスト・インターネットの動向を展覧会としてとりあげるなど、現在までさまざまな展覧会を手がけ、作家の個展企画も多数行っている。美術および音楽批評も。

 


 

●お問い合わせ

ap_logo
NADiff a/p/a/r/t
150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 1F
TEL. 03-3446-4977

>>> shop info